当院の動画

You Tubeに新しい動画をUPしました。
是非、ご覧くださいませ。

広告

「うつ病」と「うつ病の方への関わり方」

こんにちは。五反田駅前メンタルクリニックです!

今日は映画を参考にして「うつ病」と、「うつ病の方への関わり方」を考えていきます。

参考にするのは、宮﨑あおいさんと、堺雅人さんが主演して2011年に公開された「ツレがうつになりまして」です。宮崎あおいさんは、この作品で第35回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞しています。

まず、この作品の概要は堺雅人さんが演じる「ツレ」が仕事のストレスからうつ病を発症し、そこから妻の「ハルさん」と共にリカバリー(精神病からの回復)を目指していく過程を描いたヒューマンドラマです。

この映画を観ていて印象に残るのは、「ツレ」のうつ病が悪化していく中で、「ハルさん」が一緒に悩みながらも、希望を捨てずに二人三脚で病気と向き合っていく姿です。

現代の社会では、うつ病は「心の風邪」などと言われ、とてもポピュラーな病気として認識されています。それでも誰かがうつ病にかかると、家族はお互いを責めたり、うつ病の人と向き合うことが出来ずに見て見ぬ振りをしてしまったりすることが多いように感じます。

しかし現実には、うつ病からのリカバリーには周囲の人たちの協力が欠かせません。かつ、その際には適度な距離感や、適切な言葉かけが大切になります。この映画の中には、うつ病の方への適度な距離感や、必要な言葉かけが様々に描かれています。

また、この映画のキャッチコピーは「ガンバらないぞ!」と「すこやかなる時も、病める時も、君と一緒にいたい。」です。

これもうつ病の方にとって大切なことで、うつ病の治療においては「頑張らないこと」は重要です。また周囲の人から「君と一緒にいたい」と言ってもらえることは、うつ病の方にとってはとても励みになると思います。

このこと以外にも、「ツレがうつになりまして」にはうつ病に関する重要なことが描かれています。映画の内容の詳細については、ここでは省略しますが、気になる方は是非映画をご覧頂き「うつ病」や「うつ病の方への関わり方」の理解の参考にしてください。

医師のご紹介

こんにちは。五反田駅前メンタルクリニックです!

今日は9月から月曜日の診療を担当している青木先生をご紹介致します。

青木先生は京都大学医学部を卒業され、神戸大学大学院でMBAを取得されています。また、精神科の病院に勤務され多くの患者様の治療に携わってきています。特に、「非薬物療法」や「働く人のメンタルヘルス」に詳しい精神科医師です。

青木先生の診療では、まずは溜まった疲労を消化し心身の回復を促すことをサポートします。その上で、疲労を過度に背負い込まないための工夫を検討します。また「悩まない技術」を身につけていくこと、「ただ、がんばる」以外の生活スタイルを探し、ストレスに対し先手を打っておく生活をデザインできるようになることを大切にしています。

青木先生の診療では、この治療過程を通じて、患者様がこれまでの働き方を振り返り、自らと対話し、これからの新しい働き方を考えていけるように患者様をサポートしています。

青木先生の診療にご興味のある方は是非、当院の月曜日の外来にお越しください。

プラセンタによる治療を始めます!!

こんにちは。五反田駅前メンタルクリニックです!

皆様は、プラセンタと聞いて何を思い浮かべるでしょうか?
多くの方は芸能人やモデル、また一部のセレブリティが美容目的や若返りのために使っている、一般の方には手の届かない特殊な注射薬を思い浮かべると思います。

医学的には、プラセンタには細胞の若返り(アンチエイジング)に必要な成長因子が含まれていて様々な病気や症状に効果があることが証明されています。

特にプラセンタには、更年期障害をはじめとした人の老化に伴う様々な症状に対して治療効果があります。
現在プラセンタが治療に用いられている病気や症状には、更年期障害・生理痛・生理不順・冷え症、肌荒れ・しみ・乾燥肌・脱毛症・アトピー性皮膚炎・肝炎・頭痛・貧血・食欲不振、自律神経失調症・うつ病・不眠症などがあります。

当院ではプラセンタの効果を多くの方が実感できるように、プラセンタサプリメントを治療に使用することになりました。サプリメントのためご自宅で服用でき、注射を受けるための頻繁な通院は必要なく、注射が苦手な方にも使用して頂けます。

また、当院で使用するプラセンタサプリメントは、ネットなどで購入できるプラセンタとは違い、医療機関でのみ取り扱われている品質を保証されたプラセンタです。そのため使用には医師の診察が必要です。また当院では、美容や疲労回復などを目的とされる方にも使用が可能となっています。まずは当院の医師にご相談ください。

軽い症状でも…

こんにちは。五反田駅前メンタルクリニックです!

当院は精神科の医療機関ですが、患者様の中には「精神科のクリニックに行くのには抵抗がある」という方もいらっしゃると思います。
そのため患者様によっては、症状が重くなってから医療機関を受診される方もいらっしゃいます。

しかし全ての病気について言えることですが、症状が軽いうちに治療を開始すると、早期に症状を回復させることが出来ます。

もし、このブログを読んでいる方で「夜眠れない」とか「日中に疲労感がある」などの症状をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非当院にお越しください。
軽い症状の中には、時間が経つと悪化する症状もあります。

当院では、どのような症状であっても医師が丁寧に話を聴かせて頂きます。

また、些細な悩みや不安、日常の相談事に対しても、精神科の医療機関がお役に立てることがあります。

若者のメンタルヘルス

こんにちは。五反田駅前メンタルクリニックです!

今日は若者のメンタルヘルスについての情報をお伝えします。

意外と知られていない話ですが、10代で精神疾患に罹患する患者様は多いです。特に第二次性徴の迎える思春期には心身のバランスを崩しやすく、統合失調症や引きこもりなどになる方が多くいらっしゃいます。

そのため厚生労働省のホームページ内には、若者向けのメンタルヘルスサイトがあります。
とてもためになる内容であり、リンクフリーのため下記にアドレスを記載致します。

https://www.mhlw.go.jp/kokoro/youth/

また、現在では中学校の保健体育副読本にも精神科医療に関する内容があります。
こちらも無料ダウンロード可能なためアドレスを記載します。

http://psycience.com/

どうぞ、皆様のメンタルヘルス向上にお役立てくださいませ。

大人の方の発達障害について

こんにちは。五反田駅前メンタルクリニックです!

今日は大人の方の発達障害について考えてみました。

当院に来院される方の中に、ご自身で「自分は発達障害かもしれないと思って来ました」とおっしゃる方をみかけます。 

発達障害については、過去には子供のみの障害と考えられていたのですが、近年では、生きづらさを抱えている大人の方にも増えているようです。

より正確にいえば、もともとそうした生きづらさがありながらも、今までは自分の状況を適切に言い当てる記述がなかった方が、発達障害という考え方が社会に広まるにつれ、自分の状況をようやく把握出来るようになったということだと思います。

また、大人の方が、自分は発達障害かもしれないと感じるのは、個別の状況で上手くいかなかった時に、何故上手くいかないのかを自分自身で想像し考え始めるのがきっかけのようです。

そのため発達障害かもしれないと感じ始めた時には、既に状況を改善する第一歩を踏み出していると言っていいと思います。

ここでは、そうしたきっかけになるような出来事をいくつか挙げてみようと思います。

1.物事を俯瞰して見られない。

  ひとつの問題を解決しているうちに、さらに大きな問題に行き当たる事がある。

2.予定を立てられない。

  未来のことが考えにくい事がある。

3.選択が出来ない。

  どちらの選択肢を選んだらどうなるのか予測がつきにくい。

4.同時に色々な事が出来ない。

  ひとつのことに取り組むと、それ以外は目に入らなくなる事がある。

5.場の空気が読めない。

  場の雰囲気や行間が読めず、理由がわからないけれど他人から煙たがられているという状況に陥る事がある。

もしも、これらの出来事に思い当たりがあると感じられる方は、是非当院を受診してください。当院では発達障害の診断や治療を行っております。 

また、注意欠陥多動性障害(ADHD)の方向けのお薬もご用意しております。